観葉植物の植え替え方


2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     



  •  

    観葉植物の植替え


    観葉植物の植替え方について紹介します。
    イメージ観葉植物は、鉢で育てるのが一般的ですが、成長に伴い、植替えが必要になってくる時期が来ます。
    育てているうちに、植物はどんどん成長していきます。
    特に根の細胞は細胞分裂が盛んで、どんどん伸びていきます。それにくらべて鉢内の領域は常に一定で、鉢内がだんだん窮屈になっていきます。
    窮屈になるほど根が伸びると、それだけ水の吸収量も増えていきますので、土の栄養分がすぐに枯渇してしまったり、細胞の呼吸により酸素不足が起こり、葉の色が悪くなったり、根の腐敗がおこったりと、植物に悪い影響がおこります。
    そこで、定期的に植替えを行ってあげる必要があります。
    大体、2年もたてば植替えをしておいた方が良いでしょう。

     

    植替えの注意点

     

    次に、観葉植物の植替えの注意点ですが、土中に張り巡らされた状態から一旦むき出しになるわけですから、
    取り扱いには慎重になる必要があります。
    一番重要なのは植替えの時期です。 5月中旬〜9月中旬が適した時期といえます。
    また、成長に直結する土の選び方、鉢の選び方も重要です。
    土は、植える種類に応じたオリジナルをブレンドできればそれが一番ですが、そんなのよくわからない、という場合はホームセンターで売っている、「観葉植物の土」を用いるのがよいでしょう。
    鉢は当然ですが、前の鉢より大きいものを用います。
    注意しておきたいのが、鉢は大きすぎてもよくない、という点です。
    鉢が大きすぎると水をあげたときに根からの吸収速度が間に合わず、常に土が湿ったままの状態になってしまい、
    根腐れの原因になります。
    また、通常根は障害物をさけるように枝分かれして伸びてゆき、それが強い安定感を生みますが、鉢が大きすぎると枝分かれすることなく伸びてゆき、弱々しい状態で伸びていってしまいます。
     

    植替え時期・鉢の選び方・土の選び方


    手順
     

    実際の観葉植物の植替え手順を説明します。
     

    植替えのイメージ1.鉢から根蜂を丁寧に抜き、土を取り除きます。
     全部取り除く必要はありません。 ある程度土が残ったままの状態で大丈夫です。

    2.新しい鉢に植え込みを行いますが、一番下には水はけをよくする為に2〜3cmほど軽石を入れると良いです。
     その後薄く土を敷き、根の形を整えた植物を入れ、上から土をかぶせてゆきます。
     複雑に絡み合った根の間には土が入り込みにくいですが鉢を叩いたり、ゆらしたり、水をあげることで徐々に入り込み、なじむようになります。

    3.植え込みが終わった観葉植物は、その後の養生が一番のポイントです。
     しばらくは根が水を吸えない状態が続きますので、直射日光を避け、日陰に一週間ほど置いておきます。
     1箇所の場所で環境になじませた方が良いです。
     水やりは土が乾くまで与えず、こまめに葉を水でぬらしてあげることが重要です。
     この期間は肥料をあげると逆に弱ってしまうので、与えないようにします。

    植物がいつまでも元気であるために、正しい植替え方法を身につけましょう。

     

    植替え学んだので買い物に戻る
     

    ページトップへ