観葉植物の豆知識


2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     



  •  

     

     

    観葉植物の豆知識


      必要な要素は光・水・温度
     

    イメージ観葉植物を育てるために必要な要素は光・水・温度の3つになります。

    日向を好むもの、半日向を好むもの、日陰を好むものなど植物によっても様々ですが、 一般的な観葉植物は柔らかな光が当たる明るい場所を好みます。

    強い日差しに当ててしまうと葉焼けを起こす原因になりますので、夏場の直射日光には注意が必要です。

    多肉植物などは日光を好みますので、午前中には直射日光によく当てるようにしましょう。

    夏場は日差しが強くなりすぎてしまうことがあるので、直射日光を避けた明るい場所に置くようにします。

    レースのカーテン越しなどがお勧めです。

     

     

    枯らしてしまう一番の原因は根腐れ
     

    イメージ観葉植物を枯らしてしまう一番の原因は根腐れだと言われています。

    根腐れとは水のやり過ぎなどによって土が常時湿って、酸欠を起こして腐ってしまうことです。

    根腐れを防止するためには、土の表面がしっかり乾いてから水を与えるようにします。

    水やりをするときには鉢底から滲み出るくらいたっぷりと与えて下さい。

    そうすることによって土の中に新鮮な空気を送ることが出来ます。

    水やりはメリハリをつけることがポイントです。
     
     

    葉にも適度な湿度
     

    イメージ葉にも適度な湿度が必要です。

    特に冬場は空気が乾燥していますし、エアコン等を使用することでより乾きやすくなるので霧吹きなどで定期的に葉水を与えることも大切です。

    葉の表面にはホコリが溜まってしまうこともありますので、ウェットティッシュなどで拭いてあげるのも乾燥防止になります。

    葉の表面が乾いてしまうとハダニが発生しやすくなります。 葉水は害虫防止にも効果的です。

     

    観葉植物に最適な温度は18度〜26度と言われています。

    この頃もっともよく成長しますので、肥料などもこの時期に与えるのが効果的です。

    固形肥料は緩効性があり、じわじわと効いていきます。

    元肥として与えておくのも良いですし、土の表面に蒔いてあげるといいでしょう。

    また液体肥料は即効性がありますので、観葉植物が弱ってきたと感じてきたら与えてあげます。

    固形肥料と液体肥料を上手く使い分けることも上手に育てるコツです。

     

    観葉植物によって越冬気温は異なりますが、冷え込む季節には暖かく、 日当たりの良い場所に移してあげるようにしましょう。

    冬の間は休眠期に入るものも多いので、水やりや肥料は控えめにするようにしましょう。

    ただし、乾燥防止に葉水は与えます。

    夏場も30度を越えてしまうと弱ってしまいがちです。

    強い日差しが当たらない場所に移動してあげるか、日除けなどを利用して遮熱をしてあげるようにしましょう。

     

    育て方を学んだので買い物に戻る
     

    ページトップへ