定番のインテリアプランツのポトスの寄せ植え


2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>定番のインテリアプランツのポトスの寄せ植え

    部屋の中に気軽におけるインテリアプランツにもいろんな種類がありますが、ポトスはその中でも比較的育てやすく増やしやすい事や、その見た目の可愛らしさからも人気のある品種です。
    名前は知らなくても、写真や実物を見たらこれだったのかと納得する人も多いのではないでしょうか。
    弦のような茎はどんどん長く伸びていきますし、葉もそのうち段々と大きく育っていきます。
    よく見かけるのは緑の葉にところどころ白が入っている種類です。
    一般的に出回っているポトスはこのタイプです。
    丈夫ですくすく成長してくれますので、寄せ植えなどもしやすいのが特徴です。
    ポピュラーなインテリアプランツですが、ある程度成長してからの方がいいでしょう。
    自分で作業する場合には、センス良く他のインテリアプランツなどと組み合わせていきたいですが、いきなり適当に目に付いたもので行うのではなくて、じっくりと色や形なども考えてから他の植物を用意して作業しましょう。
    作る時には、同じようなタイプを組み合わせてより葉の色や大きさは違うものを組み合わせていく方が見ていて華やかになりますので、目にも楽しいものになります。
    同じものを植えていても、遠くから見ても違いが分からずに寄せ植えをした意味がなくなってしまいます。
    ポトスは葉も大きく丸みを帯びたような優しい雰囲気ですから、シャープな葉のタイプや密集していたりするものなど違うタイプを選んでみて下さい。
    大きく目立つタイプのものと組み合わせてみたりするのも楽しいですから、いくつかインテリアプランツも探してみるとさらに作業も楽しく行えます。
    形だけではなく、成長の仕方なども考慮していくとバランスよく植物の成長を見守る事もできて長期間楽しめるようになります。
    ポトスはそのツル性であることを生かして、他の花と組み合わせてみても雰囲気ががらりと変わります。
    上に大きく育つタイプや、大きく全体に広がっていくタイプ、下に育っていくタイプなどいろんなタイプのインテリアプランツがありますので、成長していく時の事も考えながら寄せ植えを行っていきましょう。
    植物たちの背の高さを考えたり、色味や形を見直したりするなどすると、意外にいろんなバリエーションで楽しめる事が分かります。
    最初は難しく考えてしまいますが、何度か寄せ植えを行っていくと自分でもこうしたらもっといいかなと思えるようになってきますので、まずは気軽に植え替えて作業をして成長を見守りましょう。


    ページトップへ