夏は室外でも育つウンベラータ 通販購入のポイント


2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>夏は室外でも育つウンベラータ 通販購入のポイント

    フィカス・ウンベラータはゆったりしたハート形の大きな葉っぱと、自由に整えられる樹形がユニークで印象的な観葉植物です。
    ゴムの木の仲間ですが、ほかの種に比べて葉が柔らかく、淡い緑色の葉が繊細で明るいイメージがあり、最近ではインテリアショップやカフェ、美容室などのシンボルツリーとして使われているのをよく目にします。
    存在感があり、インテリアの要になる大型のサイズから小型サイズまで、置く場所にあわせて選ぶことができます。
    フィカス・ウンベラータは日当たりが好きな観葉植物です。
    初夏から秋までの間はベランダなどの室外に出し、十分に日光に当てると、丈夫な株に育ちます。
    ただいきなり強い日光に葉を当ててしまうと葉焼けを起こすことがあるので、徐々に慣らしながら明るい場所に移動させます。
    この植物には耐陰性もあるため、通年室内で生育できますが、日光が足りない場合は葉が黄色く変色したり、葉をおとしたり、間延びしてしまうこともあります。
    熱帯アフリカ原産で、寒さには弱い植物なので、夏に室外で育てていた鉢は秋には室内にとりこみ管理するようにします。
    フィカス・ウンベラータは湿度を好むので、水を切らさないようにします。
    鉢の底から水が流れ出てくるまで、たっぷりと水を与えます。
    観葉植物の葉にはほこりがつもるので、時々室外に出して、葉にシャワーを当てて汚れを洗い流す習慣をつけると、葉にみずみずしい光沢がよみがえり、爽やかな緑色を保てますし、ハダニなどの虫害の予防にもなります。
    冬は根腐れしやすいので、やや乾かし気味に育てます。
    土の表面が乾燥して数日してから水やりを行います。
    冬は空気が乾燥し、エアコンなどの影響もあるので、ときどき霧吹きで葉水をします。
    通販でウンベラータを購入するポイントは、独特の樹形が確認できるショップを選ぶことです。
    ウンベラータは盆栽の様に樹形を自由自在に整えることができ、その整え方が見た目の印象に大きく作用します。
    一点一点の鉢の写真を掲載していて自分の好みにあった鉢を選ぶことができるショップを選ぶと、イメージ違いなどのトラブルを避けることができます。
    また通販でウンベラータを購入する注意は、置き場所に大きさがあっているか事前に確認することが大切です。
    特に大型の鉢を通販で購入する場合は、届いたあとも植物は成長を続けることを計算に入れ、実際にメジャーで設置する場所の高さや幅をはかり、無理なく鉢を置けることを確認しておきましょう。


    ページトップへ