インテリアとしての観賞用植物と造花の違い

  • 商品一覧
  • ALL ITEM
  • チランジア
  • チランジア
  • コウモリラン
  • コウモリラン
  • タンクブロメリア
  • タンクブロメリア
  • サンセベリア
  • サンセベリア
  • コーデックス
  • コーデックス
  • アリ植物
  • アリ植物
  • 着生ラン
  • 着生ラン
  • シダ植物
  • シダ植物
  • ドリナリアクエルシフォリア
  • ドリナリアクエルシフォリア
  • サボテン&多肉植物
  • サボテン&多肉植物
  • 観葉植物
  • 観葉植物
  • ヘアラボ
  • ヘアラボ
  • plants monsters pot
  • plants monsters pot
  • DRY
  • DRY


  • ▶︎ スモールサイズ


    ▶︎ ミディアムサイズ


    ▶︎ ラージサイズ

  • ▶︎ ¥1-¥2,000


    ▶︎ ¥2,001-¥4,000


    ▶︎ ¥4,001-¥6,000


    ▶︎ ¥6,001-



    2018年 10月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31    
    今日
    2018年 11月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>インテリアとしての観賞用植物と造花の違い

    観賞用植物はインテリアとして非常に人気の高いものとなっていますが、同様に部屋の中に緑色を取り入れるということでよく利用されているのが造花です。
    これは当然ながら全く別のものであり、それぞれによってメリットがあります。
    さて、ではそれぞれにはどういったメリットがあるのでしょうか。
    まず観賞用植物についてですが、まずメリットとして期待できるのが空気の清浄効果です。
    観賞用植物といっても、それが植物であるならば光合成による作用が期待できます。
    光合成が行われると室内の二酸化炭素を吸って新鮮な酸素を吐き出してくれますから、室内の空気をより清浄な物にしてくれます。
    加えて植物には蒸散の効果もありますから、ある程度、室内の湿度を整えてくれる効果も期待できるでしょう。
    もちろん光合成の作用よりも空気清浄機の効果の方が大きいのは確かですし、蒸散に関しても大量の植物を置かない限り、加湿器の方がはるかに強力です。
    しかし、それらの二つの機械では果たすことが出来ない役割となっているのが、植物を育てる楽しみを感じられるということです。
    観賞用植物を長く維持していくためには、水やりや肥料の追加などの手入れが必要です。
    そうした手入れは時に面倒な物になりますが、愛情を注げば注ぐほど大きくなってくれるということは、他のインテリアには無い楽しみと言えます。
    では続いて造花のメリットは何かというと、これはやはりインテリアとして気軽に利用できるということです。
    観賞用植物は生き物ですから、手入れの必要があります。
    しかし人工的に作られたものであればそうした手入れは必要なく、購入した時の美しさが続いていくでしょう。
    そのためデザインとして特に気に行ったものがあるのであれば、それを購入して部屋に置くということができます。
    また土や水も必要ありませんから、どのような場所にも置けるという強みもあります。
    例えば体が弱い人などの場合は室内に土などがあってはいけないということもあり得ますが、造花であれば元々土が必要ないわけですから、そうしたことを気にする必要はありません。
    土がないということで虫が発生するリスクもほとんど無くなりますから、植物は好きだけど虫は苦手というような人であれば、このメリットが非常に大きいポイントになるでしょう。
    観賞用植物も造花も、どちらもインテリアとしての価値があります。
    どちらかが劣っているということはありませんから、好みと状況に応じて選ぶようにしましょう。


    ページトップへ