アクセントにウンベラータやポトスはいかが

観葉植物

サボテン&多肉植物

エアープランツ

こだわりのレアプランツ

ヘアラボ&栽培キット

 
観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>アクセントにウンベラータやポトスはいかが

部屋のインテリアのアクセントに観葉植物をとお考えの方もいるでしょう。
たくさんある観葉植物のなかでも植物を育てることが初めての方でも比較的育てやすいのがポトスとウンベラータです。
ポトスは大きいものは樹形にしたりしますが、小さいものは上から吊るしたり棚の上に置いたりして楽しむことができます。
白い班の入った明るい緑色の葉が部屋の中を明るくしてくれます。
直射日光に当たると葉が焼けてしまうので、明るい日陰を好みます。
室内で育てるのには最適の植物です。
ガラスの容器に水を張って枝を何本か差しておくだけで根が出て育つほど、生命力が強く、害虫や病気などの問題も殆ど起きないので大変育てやすい植物です。
一方ウンベラータはポトスよりもずっとインパクトの大きい植物です。
ゴムノキの仲間で大きなハート形の葉が印象的で、枝ぶりも鉢によってさまざま、一鉢置くだけで部屋がぐっと洗練されて見えるため、最近では特に人気の高い種類です。
お部屋のインテリアをぐっとグレードアップさせることが出来るものとして、大変便利です。
このウンベラータも水やりを欠かさずに管理をすれば比較的楽に育てることができます。
どちらかというと日光を好む植物ですので、明るい室内で十分育てることはできますが、時々は太陽の光にあてて日光浴をさせてあげましょう。
ただし、いきなり真夏の強い日差しにあてるのは禁物です。
葉やけを起こしてしまいますから、真夏は直射日光を避けて明るい日陰に置きましょう。
この2種の観葉植物は原産地が南国ですから夏の厚さには大変強いですが、冬の寒さには弱い植物です。
最低気温が10度を下回らないうちに室内に取り込み、冬は室内で管理します。
水やりも冬は夏よりも控えめに乾かし気味にしますが、ウンベラータは乾燥を嫌いますので、葉に霧吹きをかけて湿度を保ちます。
また、エアコンの風が直接植物に当たらないように注意しましょう。
夏の生育期は時々液体肥料などを与えると元気よく育ち、また葉の色もよくなります。
良く育っている春から夏の時期ならば大きくなったら切り戻して樹形を再生したり、慣れてきたら株分けをしたり挿し木をしたりして株を増やすことも簡単にできます。
お部屋のインテリアのアクセントとして、観葉植物はおすすめです。
冬の時期には部屋の中の乾燥を防ぐ役割をもし、美しい緑の葉で私たちの目を楽しませて癒してくれます。
ガーデンセンターで観葉植物を買う時はぜひ、ご自分の好みの樹形のものを探して、枝ぶりの良い、また葉の色のしっかりした元気な株を選んでください。