一本で部屋がおしゃれに ウンベラータの選び方


2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
夏期休暇
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>一本で部屋がおしゃれに ウンベラータの選び方

    フィカス・ウンベラータは、近年人気の高い観葉植物です。
    枝ぶりもよく、大きなハート形の葉の存在感が、一本部屋に置いてあるだけでとても洗練された雰囲気を作ってくれるので、おしゃれな雑貨店、美容院、モデルルームなどでよくも見かけます。
    ゴムノキの仲間でアフリカ原産の植物ですが、日本の風土にもよくなじみ育てやすいのも魅力の一つと言えるでしょう。
    ゴムノキよりも葉が柔らかく、軽くて明るい雰囲気があります。
    南向きのリビングルームや明るい部屋でも十分育ちますが、日当たりを好む植物ですので、真夏の強い日差しでなければ、冬以外はベランダなどでも十分に育てられます。
    ウンベラータのおすすめの選び方は、まず木をよく見ることです。
    自分がどの部屋のどこに置きたいかをイメージしておきましょう。
    最近では小さな木でも売っていますが、ウンベラータの魅力は何といっても大きな株にあります。
    一つ一つの木の形や枝ぶりが違いますから、よく見て自分の好みに合ったものを選ぶことをおすすめします。
    また、ウンベラータの特徴は大きな葉でもありますから、木の葉もよく見て葉に傷がないもの、また葉の色が青々として元気なものを選ぶようにしましょう。
    将来株がどんどん大きくなっても良いようなスペースが部屋に十分あるかどうかも考えてくださいね。
    これ以上大きくなっては困るというギリギリの大きさを選ぶのではなく、はじめは多少小さめでも育っていく楽しさを味わうことができますから、そのことも考慮に入れて購入しましょう。
    木を同じ大きさに保ちたいのなら、大きくなったら春に切り戻しをして、再生させます。
    生育旺盛な植物ですからすぐにまた芽が出て、新たな枝ぶりを楽しむことが出来ます。
    大きな葉から水分が蒸散しやすく、乾燥が続くとハダニなどの害虫が発生しやすくなります。
    春から秋は鉢の底から水が出るまでたっぷりやり、冬は控えめにしますが、葉の裏に霧吹きをかけて乾燥を防ぎましょう。
    寒さには弱いので、戸外で越冬することは無理です。
    最低気温が10度を下回る前には室内に入れ、室内で管理をします。
    生命力が強くたとえ部屋が寒くていったん葉が落ちてしまっても、春になるとまた新芽が出てきますので安心です。
    樹形の美しさや大きな葉が部屋に新しいインパクトを与え、今の部屋にもう一つアクセントが欲しいという時におすすめのウンベラータです。
    毎日の水やりと、適度な日光浴を忘れなければ比較的手がかからないで育ってくれます。
    ぜひガーデンセンターに出向いてあなたのお気に入りの一本を探してみてください。


    ページトップへ