観葉植物をインテリアとして室内を綺麗に飾ろう


  • 2017年 11月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30   
    今日
    2017年 12月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>観葉植物をインテリアとして室内を綺麗に飾ろう

    部屋が殺風景だと感じた時や気持ちが荒んだ時など、 ふと緑を部屋に置きたいと思ったことがある人は多いことと思います。
    毎日同じ部屋にいると飽きがきますからちょっとしたアクセントになりますし、 ほんの少しの緑でも部屋に置いているだけで癒しの効果を得ることが出来るからです。
    そのような時に便利なのが観葉植物です。
    インテリアとしても使えますし、使い方次第ではグリーンカーテンとして夏場に重宝されます。
    勿論室内に設置するので手入れもしやすいですし、 季節が変わる時には簡単に取り外しも出来ますから、それ程手間だと感じることもないでしょう。
    但し、インテリアとして室内で育てる観葉植物とはいえ立派な植物です。
    手入れを怠ってしまうとすぐに枯れてしまいますし、綺麗に育たなくなってしまいます。
    極端に日差しに弱いものもあれば、日光を当てないと駄目なものもあります。
    水をこまめにあげなければ枯れてしまいますし、やりすぎても駄目なものもあります。
    更に暑さや寒さに対する抵抗力にもそれぞれ差があるので植物ごとに環境を選ばなければなりません。
    そのような手間暇をかけて育てるのが観葉植物ですが、 当然のことながらその苦労に見合うだけの恩恵を受けることもできます。
    部屋の彩として、またリラックス効果を得る為というのもありますし、 夏場のグリーンカーテンも確かに大きなメリットではありますが、 小さな子供のいる場合には世話をさせることで命の大切さや植物を育てる楽しさや喜びを教えることが出来ます。
    大事に育てなければすぐに枯れてしまう、枯れた植物はもう元通りにはならない、 ということを教えることで命の尊さを知ることになります。
    そして、世話をする喜びや楽しさを教えておくことで、 将来的に犬や猫を飼った時の予行演習にもなります。
    ただ、あくまでも観葉植物はインテリアとして部屋に置いておくことになる訳ですから、 複数の種類を並べることになる場合も十分に考えられます。
    その時にはそれぞれの観葉植物の特徴も把握しなければなりませんし、 それぞれに合わせた育て方を勉強する必要があります。
    小さな子供に世話をさせるにあたって、当然世話の仕方を教える親もまた 育て方を把握しておかなければなりません。
    その育て方が間違っていれば注意し、正しい方法を教えていかなければならず、 そういう意味では家族全員で育てていくと言えなくもありません。
    家族全員で丹精込めて育て、室内を綺麗で可愛らしい観葉植物で飾っていきましょう。



    ページトップへ