コラム:インテリアとしての植物の選び方と人気について


2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>インテリアとしての植物の選び方と人気について



    インテリアとしての植物を買う場合、選び方の注意点とはどのようなものでしょうか。
    選ぶポイントとしては、手間をどれほどかけられるか、どの程度のスペースに置くものかが重要になります。
    もちろん見た目が好みかどうかも踏まえて、自分に合った植物をじっくりと選ぶことが大事です。

    まず、植物の世話にどれほどの手間をかけられるかどうかです。
    例えば仕事が忙しく家を空けることが多い、などといった場合、毎日の世話が欠かせないものは不向きとなります。
    単純にめんどくさがりで水やりを忘れそう、という理由でもかまいません。
    そのような方は自分のライフスタイルに合う、手間のかからない物を選ばれるといいでしょう。
    手間いらずといえばまず、根強い人気のサボテンが思い浮かびます。水をやりすぎると根腐れを起こしてしまうため、むしろ水やりの回数を制限する必要があります。ついうっかり水やりを忘れがちな人には合っているのではないでしょうか。
    また水をやらなくても育つ、という触れ込みで売られているエアープランツという植物もあります。こちらは最近とても人気で、土に飢えなくても育つというのが最大の特徴で、空気中の水分を吸収して成長します。机に置いておくだけでも育ってくれますし、部屋の隅につるしておいてもとてもおしゃれです。

    次に、置き場所についてです。
    購入すると決めたら、だいたいの置き場所を決めてイメージを固めておくことをすすめます。
    そのスペースによって、鉢や、植物自体の大きさも決まってくるからです。
    部屋の隅に存在感のあるものを置きたい場合と、棚の上にこじんまりとかわいらしい物を置きたいという場合では、当然選ぶものも変わってきます。
    またそれがどの程度成長していくかも知っておいたほうがいいでしょう。
    サボテンなどですと成長が遅いので、数年たってもあまり大きさがかわらない品種も少なくありません。インテリアのワンポイントとして小さなものが欲しい場合はそういった大きさのあまり変わらないものがお勧めです。
    存在感のあるものが欲しい場合は、見た目も派手なものや、成長速度の速いものがいいでしょう。人気のモンステラなどは大きな葉が特徴的で、置くだけで部屋がちょっぴりエキゾチックな雰囲気に様変わりします。成長速度も速いので、育てる楽しみも充分にあるといえます。

    自分のライフスタイルや性格なども考慮し、長く楽しめる植物を見つけて素敵なインテリアを完成させましょう。
     

    ページトップへ