コラム:インテリアとして土を利用しない観賞用植物も人気

観葉植物

サボテン&多肉植物

エアープランツ

こだわりのレアプランツ

ヘアラボ&栽培キット

 
観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>インテリアとして土を利用しない観賞用植物も人気

インテリアとして観賞用の植物を置いている、という人はとても多いといいます。
ですが、小さなお子様がいるご家庭や虫などがこないかと心配になる、という人もいます。
そのようなときには、土そのものを利用していない観賞用の植物を置くということも可能だということです。インテリアとしてもとても人気のあるもので、カラフルなものなどもあるので女性にはとても購入する人が多いといわれています。

インテリアとしても利用できる植物に利用するものをハイドロといいます。
ハイドロカルチャーは色のついたものなども豊富なので、ガラスのコップなどに入れて楽しんでいる人もいます。色とりどりでインテリアとしても癒しの空間を作るものとしても優秀なものだといえます。
初心者でも簡単に作ることができるのが人気のひとつです。

ハイドロカルチャーというのは水耕栽培のことです。
水を好む植物を、土ではなく水で育てるという意味になります。なので、汚れを気にしたり、虫が苦手だという人でも十分に育てることができるということです。
室内に置くものなどにはもってこいの利点ばかりなので、世話をするのが難しいという人でも安心して育てることができます。

ハイドロカルチャーのいいところは、土を使っておらず、水やりも1週間に1度程度でいい、清潔で有害化学物質を吸着してくれる、というところです。
室内で手軽に楽しめるので、色々な工夫をして飾っているという人が多いものだといえます。
透明なガラスのものにいれてもいいですし、普通の鉢植えなどに利用することもできるので、色々な植物を育てている人がいます。

植え方の手順としては、穴の開いていない器を用意します。そこに、ミリオンAやイオン交換樹脂剤などの根腐れを防止するものを入れます。そして、支持材を入れて、根を傷めないように気をつけながら苗を入れるだけです。
そこにお水を入れて、浸透していくのがわかったら、完成です。
これを部屋の好きなところに飾るだけでいいので、本当に簡単でどこでも育てることができる便利な方法だといえます。

基本には直射日光の当たらない明るい室内に置くようにします。注意する点として、暑い日に直射日光を当ててしまうと器の内の温度があがってしまい、蒸れて根腐れを起こしてしまう可能性もあります。
なので、あまり温度が高くなりすぎるようなところは避けるようにしておくといいです。
お水は乾きはじめたら、器の4分の1から5分の1くらいまで入れるだけで大丈夫です。