通販でも簡単に買えるエバーフレッシュをインテリアに

観葉植物

サボテン&多肉植物

エアープランツ

こだわりのレアプランツ

ヘアラボ&栽培キット

 
観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>通販でも簡単に買えるエバーフレッシュをインテリアに

エバーフレッシュと呼ばれる植物をご存知でしょうか。
これは、和名をアカサヤネムノキと呼び、マメ科ネムノキ属の常緑高木です。
日本にも自生するネムノキの仲間で、形状や習性も似ています。
特に、昼間は葉が開いていますが、夜になると葉が閉じるという習性が知られており、これはまるで、葉が睡眠を取っているかに見えますが、実際は、夜の間に葉から水分が蒸発してしまわないためであるといわれています。
このエバーフレッシュ、丈夫なことや、耐陰性があることも手伝って、インテリアプランツとしても人気です。
通販で入手することもできますし、室内で育てることが比較的簡単なので、観葉植物の中でも初心者向けともいわれます。
エバーフレッシュの樹形には、大きく分けて、真っ直ぐ伸びた幹のものと、くねくねと曲がった幹のものの2種類があります。
通販で購入する際は、どちらのタイプの木なのか、画像をしっかり確認するなどして下さい。
エバーフレッシュの育て方は、次のようなポイントに注意することが大切です。
まず、耐陰性があるとはいえ、やはり日当たりを好みますから、室内の中でも明るい場所に置くようにします。
しかし強い日差しは嫌いですので、夏場の直射日光などには当てないほうが良いでしょう。
冬の寒さには強くないので、冬は特に暖房の効いた室内で管理することが望ましいです。
そして、水やりですが、やはり生育期の5月から9月は、たっぷり水をやることが必要になります。
土の表面が乾いたら水をやること。
夏場は特に乾くのが速いです。
冬場はやや乾燥気味で管理しますが、乾燥に強い植物ではないことを忘れないでください。
水分が足りない時は、昼間でも葉が閉じることがありますから、こうしたサインを見逃さないことです。
その他、観葉植物の例にもれず、葉水もこまめに行ないます。
葉水というのは、霧吹きなどで葉や幹に、水を吹きかけてあげることです。
基本的には丈夫な植物で、枯れにくいですが、水分不足や過多、日照不足、根詰まりなどで、葉が黄色く変色してくることがあります。
また、冬の寒さや乾燥で葉が落ちてしまうことも。
こうした場合も、焦らず様子を見てあげましょう。
季節が変われば、また新芽を出して元気になるケースも多く見られます。
ただ、失敗しないためには、通販などで購入する際に、弱い株を避けることも考えておきましょう。
エバーフレッシュの葉において、その緑色が薄いものは、生命力が弱い可能性があります。