コラム:人気の観賞用の植物も植え替えで大きく育てられる


  • 2017年 11月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30   
    今日
    2017年 12月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>人気の観賞用の植物も植え替えで大きく育てられる



    観賞用の植物にはいろいろな種類のものがあります。
    育てやすいものから素人には難しいかもしれない、というものもありますが、それでも人気の高い観葉植物なども多く、インテリアとして購入していく人は多いといいます。
    大きなものから小さなものまで、それぞれの個性があるものが多いです。

    育てるときに大切なポイントは大きく三つあります。
    日光、水遣り、そして肥料です。この三つのポイントをしっかりと把握していれば、なかなか植物を育てることができない、という人でも枯らすことなく十分に育てることができるようになります。
    大きく育てたら、植え替えなどをしてもっと大きくすることもできるということです。

    まず、なぜ植え替えが必要なのかというと、植物には根をはって大きくなるという特徴があります。
    小さな鉢にずっと入れたままにしておくと、せっかく大きく育ってきているものを枯らしてしまったり、病気にしてしまったりすることがあるので、大きくなったら植え替えをするようにしておくといいです。観賞用のものなら尚のこと、見た目の印象を変えることができるのでそれをきっかけだと思っておくといいかもしれないです。

    人気のある観葉植物などはわりと育てやすいものも多く、いつのまにか大きくなっていてどうしたらいいのかわからない、という人もいます。時期などはそれぞれで違いますが、基本的には、お水をあげても十分にしみこまなくなってしまった、というときや、購入して2年以上経っている、というものなどはそろそろかもしれないと考えておくといいです。
    鉢の中の土が古くなっているとそれだけで栄養を十分に吸収できなくなっていたり、根腐れなどの原因になってしまいます。

    なので、定期的に鉢の中の土を交換してあげる、というのもいいかもしれないです。
    人気のある観葉植物はいろいろな種類のものがあります。そのものの育て方を知らないという人でも、育てやすいものなどもあるので、一度挑戦してみるといいということです。
    慣れれば、株をわけて増やしていくこともできるようになります。

    ちなみに、鉢の中の土を交換したりする時期は一年のなかで5月から9月ごろが一番適しているといわれています。
    あまりにも温度が低い時期などの場合、株がダメージを受けたりする可能性が高いので気をつけるようにしておきます。
    外気が生育適温になっているこの時期に行うというのが株などにダメージを受けさせないように変えることができる最適な環境だということです。

    ページトップへ