コラム:風水でも人気のおすすめ観賞用植物の正しい選び方


  • 2017年 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31     
    今日
    2017年 11月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30   



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>風水でも人気のおすすめ観賞用植物の正しい選び方



    観賞用に植物をお部屋のインテリアとして置きたいけれど、どのようなものを置いたら良いかわからないという人に、おすすめの鑑賞用植物を教えしましょう。
    フローリング仕上げの広いリビングのお部屋があるお宅では、ユッカ・エレファンティぺスが良いでしょう。
    ユッカ・エレファンティぺスとは聞きなれない名前ですが、リュウゼツラン科の植物で、別名を成年の木と言い幹が太く、しっかりとしており、エレファンティぺスという名前が、太い幹が象の足のように見えることからその名がついたと言われています。
    葉の勢いが強く、陽の当たる方向に上がる様が、青年期を迎える人の様と例えられ、成年の木と別名が付けられました。
    中南米原産でありながら、耐陰性に強く、寒さにも強いという特徴があるため、日当たりの良い窓辺や直接日光が当たらない窓辺から距離の離れた場所でも、僅かな紫外線で十分に育ち、大型ソファーやリビング3点セットなどのインテリアにおすすめです。
    花言葉が「勇壮」というように力強さに満ちたフォルムで、フローリングの床とのコントラストがマッチするでしょう。
    また、ユッカ・エレファンティペスは手入れが非常に簡単で、植物の飼育経験が乏しい人でも育てることが出来ます。
    土が乾燥した程度で、十分に水やりをすればよいです。
    水が不足してくると、葉の先端の尖った部分が黒く変色しますので注意してください。
    同じ中南米原産のアオイ科の観賞用植物にパキラがあります。
    パキラは、カイエンナッツという別名があり、以前は食用ナッツとして食べられていましたが、毒性があることが判明し、現在では観賞用としてのみ販売されています。
    パキラは耐陰性があるので反射日光でも十分に育ちますが、耐寒性が低いため、温度管理が必要となります。
    水は乾燥してから十分に与えると良いでしょう。
    パキラは風水で運気が上がると言われ、とくに仕事運が上昇したりそれに伴い、金運も上昇すると言われており、店舗のグリーンディスプレイとして好まれ、タイル貼りの床やフローリングの床のお部屋にはおすすめです。
    パキラは開店祝やなどで用いられ、花言葉が「快活」と言い、活力を表し、縁起物としてプレゼントされることが多いです。
    別名に「発財樹」という名前があり、置かれた場所に財をもたらすとの言われがあります。
    お部屋の広さに合わせて大きさを選び、鉢売りを購入し、インテリアカラーに合わせて、同じ色のポットに入れるなど工夫するとインテリア空間を際立たせるでしょう。

    ページトップへ