ギフトでもらう観葉植物:日光について

観葉植物

サボテン&多肉植物

エアープランツ

こだわりのレアプランツ

ヘアラボ&栽培キット

 
観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>ギフトでもらう観葉植物はレース越の日光(日蔭)でも十分
 

ギフトで頂いた観葉植物のお手入れ


観葉植物を育ててみたいけれど、なかなか世話ができないかもしれないということであきらめている人もいるといいます。
ですが、その前にきちんと一度育て方を調べてみると日光や水遣りなどのことについて知ることができるので、 育てやすいものを見つけることができるといいます。

ギフトなどでもらったものを枯らしてしまってがっかりした、という人でもきちんと観葉植物を育てるときのいくつかのポイントを知っておけばきちんと育てることができるようになります。
観葉植物があるだけで癒しの空間を作ることもできるので、ギフトなどでもらった場合でもしっかりと世話をすることができるようにしましょう。
管理のポイントを大きく分けると、水やり日光養分の三つだといえます。

■水やり
水やりを忘れてしまい水切れを起こしてしまったままになると当然枯れてしまいますが、あまりにも心配しすぎてあげすぎると今度は根ぐされを起こしてしまうということです。
表土が乾いた、と思ったら、底から水が出るほどお水をあげる、ということを基本にしておくといいです。

■日光
日光については、観葉植物の多くが暖かい地域の植物であるので、出来るだけ日には当ててあげるのがいいです。
ですが、なかには日差しが苦手で当てすぎてしまうと日焼けをしてしまうというものもあります。
それぞれの植物に合わせて置き場所を変えるだけでいいので簡単です。
あまり世話をすることができないかもしれない、という人の場合、耐陰性のあるものを選んでおくといいかもしれないです。

■養分
養分についてですが、ざっくりと分けると、速効性、緩効性、遅効性の3タイプがあります。
基本的には、緩効性の肥料を用土に混ぜ込んでおき、適宜液肥などの速効性肥料をときどき与えるようにする、というのがいい様です。
ですが、あまりにも肥料を与えすぎると今度は根が焼けてしまうので気をつけます。

ギフトなどでもらうことが多い観葉植物はメジャーなものが多いといいます。
なので、わりと育てやすいものの場合があります。
そのような場合でも、きちんとこの三つのポイントを調べておくことで、枯らさずに育てることができるようになります。