枯れない、育てやすい!人気のインテリアプランツ


2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>枯れない、育てやすい!人気のインテリアプランツ

    観葉植物を置くことによって部屋に彩りや癒しの雰囲気をプラスすることができます。
    特にインテリアのデザインの素材として室内に置かれ鑑賞されるものは、インテリアプランツと呼ばれ人気です。
    植物そのものの形や容器など、初めはデザインを重視して選ぶことが多いでしょう。
    しかし植物自体が生き生きしていることは、インテリアの素材としても大切な要素です。
    観葉植物はどれも比較的手入れが簡単で育てやすいものが多いですが、それでも枯らしてしまうことがあります。
    インテリアプランツを上手に楽しむコツをご紹介します。
    まず最初に、植物を健康に維持できる置き場所かどうかが重要です。
    植物は本来、外で雨や日の光にあたりながら育ちます。
    室内という環境では特に光に気をつけなければなりません。
    どんなに気を配っても太陽の光には敵いませんが、もともと日光が届きにくい場所に生息するものは、少ない光でも育てることが可能だといえます。
    丈夫で枯れないと人気の多肉植物も、種類によって好む環境が違います。
    基本的には日当たりの良い窓辺が良いですが、ものによっては直射日光を避け、カーテン越しに日が当たるくらいが好ましい場合もあります。
    冬などは温度が下がりすぎるような場所には置かないようにします。
    その植物にあった環境を選んで置き場所にしましょう。
    次に、インテリアに合った飾り方を考えましょう。
    部屋のテイストにあった鉢カバーを選ぶだけで雰囲気はガラッと変わります。
    白を基調とした部屋に差し色として黒や鮮やかな色を合わせたり、アジアンテイストの部屋には素焼きの鉢や天然素材のものを使用するとよく似合います。
    ナチュラルな雰囲気が好みであれば、バスケットやブリキ缶、木の箱など部屋に飾ってある雑貨に合わせた飾り方もあります。
    お気に入りの食器を利用することもできます。
    用土を必要としないエアプランツであれば、平皿や透明なグラスにそのまま置いておくだけでもおしゃれです。
    最後にインテリアプランツへの水やりですが、あまり水をやり過ぎると根腐れを起こして枯れてしまいます。
    鉢受けに水が溜まっていたら捨てるようにします。
    逆に水やりがあまり必要ないとして人気のエアプランツも生きた植物ですので、全く水やりをしなければ枯れてしまいます。
    葉が乾いてきたと感じたら霧吹きなどで水を吹きかけてあげましょう。
    気に入ったものを身近に置いて常に目をかけていれば、光や水の不足など、植物が何を必要としているのか自ずとわかるようになるでしょう。


    ページトップへ