インテリアで人気の観葉植物を販売しているのは


  • 2017年 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31     
    今日
    2017年 11月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30   



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>インテリアで人気の観葉植物を販売しているのは

    最近では、オシャレと癒しを兼ね備えた観葉植物はインテリアに人気です。
    例えば、オフィスやリビングなどに置くと、それだけで部屋が明るくなったように感じます。
    置くとは言っても、生き物です。
    せっかく購入しても、育て方がわからずに枯らせてしまわないように注意をしましょう。
    どんなところで育てるのか、どの大きさなら良いのか、よく考えて購入することをお勧めします。
    観葉植物を購入する際、初めての方は観葉植物を多く取り扱っているお店や、販売している専門サイトで購入することが良いでしょう。
    花がメインの販売店や100円ショップなどは、育て方などの知識があまりない方が多いのでお勧めしません。
    専門的な知識を直接聞く、または読むことによって、何を選べば育てられるのかわかってきます。
    同じように見えても、選ぶものによって育て方が全然違います。
    水をあまり与えてはいけないものや、日光があたる方が良いもの、大きさも様々です。
    一つ一つを確認しながら、その中で自分の好みに合ったものを選びましょう。
    観葉植物を選ぶ際のポイントがあります。
    一つ目はあらかじめ、部屋のどこに置きたいのか、または吊るしたいかということです。
    例えば、窓際に置くのであれば、日光のたくさん必要な観葉植物を選びます。
    ある程度、イメージしておくことで、その場所に合ったものを選ぶことができます。
    二つ目は元気があるかどうかを見極めることです。
    枯れているなんてもっての他ですが、変色していないか、濃く生き生きしているか、またはグラつきがないかを確かめてみましょう。
    グラつく場合は根腐れや、根が弱い場合があるので、注意してください。
    専門サイトの販売で購入を考えている方は、直接、目で見てからの購入が出来ないため、健康状態が良くない場合に返品できるかどうかを調べておく必要があります。
    三つ目は温度管理が必要だということです。
    ほとんど熱帯、亜熱帯原産の植物なので、寒いと枯れてしまうこともあります。
    種類によっても耐久性の強い、弱いがあるので必ず確認しておきましょう。
    また、相談がある時にすぐに相談できるようなお店で購入することや、専門サイトで購入する場合もメールや電話で質問ができるかどうかも重要です。
    専門サイトでは、特に店員と直接会って話を聞くことができないので、購入後の相談ができるところだと安心です。
    これらを踏まえて、インテリアに合った自分好みの癒される観葉植物を上手に選びましょう。


    ページトップへ