育てやすいインテリアプランツのおすすめ種類


  • 2017年 11月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30   
    今日
    2017年 12月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>育てやすいインテリアプランツのおすすめ種類

    最近仕事が忙しくてゆっくり休む暇もない…そんな時におすすめなのがインテリアプランツです。
    お部屋に緑があるだけで部屋の雰囲気は大きく変わりますし、のんびりと水をやったり世話をしている時間はとても癒されます。
    植物は一種の生きるアート作品です。
    額縁に絵を飾るような、壁にポスターを飾るような感覚でインテリアプランツを育ててほしいと思います。
    インテリアプランツの代表ともいえる種類はなんといってもサボテンや多肉植物です。
    個性的で表情豊かなプランツは見ているだけで心が癒されますよね。
    まるで植物であるということを忘れさせてしまうような個性あふれるビジュアルは、マニアックな方にもおすすめです。
    多肉植物やサボテンの一番の特徴は育てやすいことです。
    植物自体がとても水分を持っている種類が多く、過酷な環境で育っているため、丈夫で扱いも簡単、毎日忙しい人には特におすすめです。
    インテリアとしての飾り方も豊富で、鉢にそのまま入れて飾るのも素敵ですが、小さな子株をまるでカップケーキのように並べて配置するととてもおしゃれです。
    株を増やしやすいのもt肉植物の楽しみでもあります。
    また、中にはせっかく買ったけど、あまりにインテリアとして部屋になじみ過ぎてしまい世話をすることも忘れてしまったという人もいるかもしれません。
    なので自分には植物の世話は向いていないという方にも安心して育てられる植物があります。
    それはエアープランツです。
    この植物は土も水も必要としない種類の植物です。
    空気中の水分を取り入れることで成長するためエアーという名前がつきました。
    土や水を必要としないので、部屋が汚れることもありません。
    水も最低限霧吹きでかけてあげればいいだけなので、しっかりお世話できるか自信がない人はぜひ育ててみてください。
    植物の育成に慣れてきたら、今度はレアな植物を育てるのもよいでしょう。
    流通量の少ない品種はそれだけで存在感のある植物でもあります。
    自分の手元にお気に入りの植物があるとまるでペットを育てているかのような愛着もわき、リラックスすることができます。
    お世話次第では花を咲かせたり、子株を増やしてくれる種類もあります。
    また、植物は四季に密接に関係しています。
    遠い国から来た植物だとしても日本で育てている以上四季を把握して寒暖に合わせたお世話をすることで、忙しい日々でも四季を感じることができます。
    インテリアとして植物を置くことで生活を今以上に一層豊かにすることができますよ。


    ページトップへ