日陰でも育つエバーフレッシュとパキラ


  • 2017年 12月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       
    今日
    2018年 01月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31    



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>日陰でも育つエバーフレッシュとパキラ

    エバーフレッシュは東南アジア原産のマメ科の植物でネムノキの仲間です。
    日中は葉を広げていますが夜になると葉を閉じる性質があります。
    パキラは中南米原産パンヤ科の植物で英語ではカイエンナッツといい食用としている地域もありましたが、種子には毒素があることがわかっています。
    どちらもインテリア性に優れており観葉植物として人気があります。
    エバーフレッシュもパキラも暖かい地方原産のため寒さには弱いですが、耐陰性があり日陰でも育てることが可能なため室内でも育てやすい植物です。
    風通しのよい場所で室温は8度以下にならないように気をつけることが重要です。
    外気温が20度になる生育期には外や窓辺などの日の当たりやすい場所に少しだしてやると新芽がでてしっかりと生育します。
    夏の強い日差しを受け続けると葉が日焼けし白く変色して落葉することがあります。
    暗さに慣れる性質があるため暗すぎなければ直射日光が当たる場所に置き続けるよりは、少し日陰になっている場所のほうが置き場所としては適しています。
    レースのカーテンを引いて直射日光を当てないようにします。
    日本では本州以北では外で越冬することができないため庭に植えることはできません。
    必ず鉢植えにして冬期間は室内に入れることが必要です。
    エバーフレッシュは乾燥を嫌うためエアコンの風が直接当たらないようにします。
    土の表面が乾くようであれば水やりをします。
    乾燥がひどい場合には葉から水分を蒸発させないように葉が閉じたままになるため、たっぷりと水を与えてやります。
    パキラは乾燥にも強く、日陰で育てる場合には乾燥気味にしたほうが枝の間延びが少なく済みます。
    どちらも室温が15度を下回る冬期間には水を吸わなくなってくるため、水やりは数日に1度程度に減らします。
    暖かい季節に乾燥するとハダニがつくことがあるため、水やりをする場合には葉に水をかけるようにすると予防する効果があります。
    ハダニは葉の裏側についているため表面の裏表に霧吹きでかけてやります。
    成長が早いため数年に1度植え替えをする必要があります。
    そのままにしておくと土の養分がなくなるだけではなく鉢の中が根でいっぱいになってしまい、水が吸えなくなり葉が落ち枯れてしまいます。
    鉢を変えることで部屋の雰囲気を変える効果もあります。
    4月から7月が植え替えに適した時期です。
    大きくなりすぎて樹形が乱れてきた場合はカットしてやると枝や幹から新芽がでます。


    ページトップへ