観葉植物の種類と処分方法の学習

観葉植物

サボテン&多肉植物

エアープランツ

こだわりのレアプランツ

ヘアラボ&栽培キット

 
観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>観葉植物の種類と処分方法の学習

喫茶店やレストランに飾られている観葉植物はいろいろな種類があります。
青い葉を絶やすことなく癒しの存在です。
楽しい部屋にするために飾ります。
ゴムノキ、クロトンランなどは葉の美しさが楽しみます。
変わった観葉植物も部屋の雰囲気を面白くし、セレモニー会場に置いておくと見学者の興味をひきます。
名前や種類を名札をつけ詳細に書くと、一工夫が感じられ会場つくりに感心します。
変わったものでは、ウツボカズラ、モウセンゴケのような食虫植物もあります。
東洋的なオモト、シュロチクなどは高価なもので、高級なレストランやホテルに置かれるが多くあります。
観葉植物の種類が多いが、手入れが未熟な人が育てると枯れてしまいます。
処分することになります。
処分方法は簡単ですが、観葉植物が枯れない手入れを心掛けが大切です。
ポイントはあまり水をかけすぎてはいけません。
日差しの強すぎを嫌う観葉植物もあります。
種類と手入れを購入する時よく知り、愛情のある、子育てと同じように育てます。
観葉植物の知識と手入れの知識を理解します。
子育てノートと同様メモ程度に成長を書き日記になどに写真を貼り育てます。
シュロチクなどは手入れ方法では見違えるほど伸びます。
野放図に伸びているように見えますが、ホテルなどにおいてあるものは、陰で手入れされています。
植物の一種ですから、枯れることはありますが愛情で成長させ子孫を作るまでに育てるようにします。
そのための植物の勉強が大切です。
勉強は机にすわり、部屋でやるのではなく、外に出て観察し研究します。
研究ノート一冊を目標に観察します。
種類、手入れ、原産国などの知識も書きます。
書くことで、愛情が湧きます。
植物の力を痛感します。
日常の生活で植物と向き合う時間ができ、会話をします。
「大きくなったね。葉がふえたね。緑のない冬でも元気だね。」と、声をかけます。
自然に向き合う時間をもちます。
くじけそうな気分でも植物の力で元気が出ます。
部屋の空気もきれいになり美しいことに敏感な感性ができます。
男性は命のすごさ、逞しさを感じます。
女性は植物の潔さ、清潔さを感じ取ります。
人間は植物と共に成長したことを感じます。
人間に多くのことを教えてくれるのは植物です。
花を咲かせ一生を大事にしよう、命を大事にしよう、長生きしようとします。
生きる情熱がうまれます。
感性の豊かな人間になります。
豊かさは植物と共にあります。
愛情豊かな人間になります。