観葉植物ミリオンバンブーの育て方

観葉植物

サボテン&多肉植物

エアープランツ

こだわりのレアプランツ

ヘアラボ&栽培キット

 
観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>観葉植物ミリオンバンブーの育て方

観葉植物とは、室内において自然な雰囲気を醸し出すために育てる植物のことをいいます。
葉の色彩や形状、模様を鑑賞して楽しみます。
リラクゼーション効果もあるとされ、家庭だけではなく、ホテルや美容室、病院や飲食店などやオフィスなどにも置かれます。
フラワーショップやホームセンターなどで販売されています。
て台湾では金運や開運を呼ぶ植物される観葉植物が「ミリオンバンブー」です。
ミリオンバンブーは、リュウゼツラン科ドラセナ属の植物で、幹が竹のような形に見えるため、このような名前で流通している植物です。
日本の幸福の木のような意味合いのある観葉植物で、台湾では茎を曲げたりした色々な形のが売られています。
ミリオンバンブーは、ハイドロカルチャーにして良く育てられており、緑の葉に白い斑の入った「サンデリアーナ」や葉にライム色をした斑が入った「サンデリアーナ・ゴールデン」、枝の代わりに葉が濃い緑色をした「青葉サンデリアーナ」という種類があります。
熱帯性低木で、茎を切って水につけるだけで簡単に根付きます。
育てる場合には、大きな鉢に植えるとそれに合わせて大きくなるため、部屋の状況に合わせた鉢に植えます。
水を好むため、成長期の春から夏、初秋にかけては土が乾いていたらしっかりと水を上げます。
気温が下がるのに合わせて水やりの頻度を減らして行き、冬は水を控えることで耐寒性も若干上がります。
耐陰性があるため、強い日光を浴びると葉が焼けてしまいます。
かといって日光が不足すると葉の模様が色褪せてきてしまうため、葉の様子を見て日光量の過不足を判断することが大切です。
育てるのは簡単で、成長することで変化もあるため育てるのが楽しい植物ですが、寒さに弱く5度位以下になったら枯れてしまいます。
しかし、越冬は十分可能ですので冬はできるだけ10度前後の場所で管理することが重要です。
肥料は様子を見て与え、与えすぎると大きくなるため室内で管理する場合には注意が必要です。
観葉植物には、ホルムアルデヒドやキシレン、トルエンなどの有害物質を吸収、分解する作用があります。
タバコの煙や建築資材に対して効果があるされ、天然の空気清浄機のような働きあるのではないかと考えられています。
また、マイナスイオンや緑色による目の疲労回復など、室内に植物を置くだけでさまざまなメリットを得ることができるようになります。
ちょっと部屋の雰囲気を変えたいときや、インテリアとしても活用することができます。