素敵な名前でおすすめの植物エバーフレッシュ


  • 2017年 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31     
    今日
    2017年 11月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30   



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>>素敵な名前でおすすめの植物エバーフレッシュ

    昨今、趣味としてにぎわいを見せているジャンルがあります。
    それが、観葉植物です。
    一般的なガーデニングに比べ、初心者でも比較的取り組みやすく、ガーデニングのように花壇やプランターを準備する必要がなく、場所やスペースを取りません。
    観葉植物は室内に置かれることが多く、家庭や銀行、エステサロンなど、さまざまな場所で見かけることが多いです。
    とは言え、植物であることに変わりなく、それなりの生育や世話が必要になってきます。
    観葉植物のひとつにエバーフレッシュという植物があります。
    名前の由来は、英語の「ever」かつて、いつかと、英語の「fresh」新鮮なから来ていると思われます。
    このエバーフレッシュは、育てるのが観葉植物の中でも簡単なため、初心者向きの植物であると言われています。
    そのため、初心者におすすめの植物です。
    主な原産地は中南米や東南アジアです。
    熱帯植物に区分されます。
    また、ネムノキと同じ分類に入ります。
    葉には独特の特徴があります。
    エバーフレッシュは常緑で耐寒性はありません。
    葉には深い光沢が見られ、見る人を癒す効果があります。
    新芽は黄色をしています。
    開花すると、直径で言えば3〜4cmぐらいの丸い花が咲きます。
    その後、赤いさやができます。
    その開花のようすから、別名でアカサヤネムノキと呼ばれることもあります。
    置き場所としては、強い日差しを避け、なおかつ日当たりのよい場所に置くのがおすすめです。
    しかし、夏の日差しは少々強すぎるため、夏の間は、直射日光を避けた日陰に置くのが良いでしょう。
    耐陰性があるため、明るい室内でも育てることができます。
    けれども、あまりにも暗すぎると、葉が閉じたまま開かなかったり、葉が黄色くなり、枯れて落ちてしまうこともあるため、注意が必要です。
    そのため、可能な限り明るい場所で育てることを推奨します。
    熱帯植物で耐寒性は備えていないため、秋から冬にかけても、室内で育てるようにしましょう。
    水やりは、初夏から秋にかけては、たっぷりと水を与えるのが良いでしょう。
    土が乾燥してしまうと、うまく生育することができません。
    秋から冬にかけては、あまり水を与えないことをおすすめします。
    秋から冬は、あまり水を吸いません。
    それに加え、適度な湿度を好むと言われています。
    そのため、霧吹きなどで葉に水分を含ませることが肝要です。
    春になると、新芽が表面に現れます。
    新芽が現れたら、たっぷりと水を与えましょう。


    ページトップへ