コラム:観葉植物は種類によって根腐れ防止の方法が違う


  • 2017年 11月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30   
    今日
    2017年 12月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       



  •  
    観葉植物通販のインテリアプランツ HOME>コラム>観葉植物は種類によって根腐れ防止の方法が違う



    観葉植物を育てていると、いろいろなことがあります。
    枯れてしまったり、根腐れなどのトラブルもあるので、それをどうしたら気をつけることができるのか、ということを知っておくのが大切です。
    根腐れ防止のためにできることなどを調べておくとすぐに実行しやすいのでとてもいいです。

    根腐れというのは、その言葉通り、根っこが腐るということです。
    根っこが腐ってしまうと正常な生育ができないので、最悪の場合は枯れてしまいます。
    どうして根腐れが起きてしまうのか、というと、水や肥料のやりすぎや、根の周りの通気性の悪さ、そして乾燥、高温によって枯死して腐ってしまった、というものがあります。

    特に室内で観葉植物を育てている場合は、受け皿に水を溜めたままにしてしまい、根腐れを起こしてしまう人が多いといいます。
    水遣りはその観葉植物の種類によって違いがあります。ですが、受け皿にお水がたまっているのにそのままにしておく、というのはよくないことです。
    受け皿にお水がたまった状態になっていたら、すぐに捨てるようにすると防ぐことができる可能性が高いです。

    植物の種類によって水遣りをするタイミングというのは違いますが、温度や土の状態でそのタイミングを考えることができるようになります。
    水をあまりあげなくていい種類のものには、土が乾燥していると感じたらあげるようにすればいいですし、乾燥してはいけないものにはその植物の育て方に合わせてあげるようにしておくといいということです。

    できるだけ受け皿にたまったお水は捨てるほうがいいですが、乾燥に極端に弱い植物の場合はその水が必要になってくる場合もあるのできちんと育て方を調べておくというのはとても大切です。
    観葉植物を育てるときには、少なくとも、名前や原産地、生育場所、つまり温度や湿度などのことを調べておくようにしておきます。

    置き場所はできるだけ風通しのいい場所にするほうがいいです。根腐れ防止のためにも通気のいい場所は育てやすいといえます。
    どうしても育てる自信がない、というときにはハイドロカルチャーなどにしてもいいかもしれないです。ハイドロカルチャーなら一週間ほど水遣りを出来なくても大丈夫ですし、インテリアとしてもとてもかわいらしい印象を与えてくれるので、人気があります。

    日があまり当たらないというところでも育てやすいので、バスルームや玄関などでも元気に育ってくれて、根腐れなどの心配もあまりないということです。

    ページトップへ